RSS
Admin
Archives

カフェ・ド・せらっさ

BL漫画、イラスト描き「せら」情報ブログ。

プロフィール

せら

  • Author:せら
  • ご訪問ありがとうございます。
    こちらはBLイラスト&マンガ描き「せら」のブログです。
    他に既刊情報ブログ(http://sera00.blog.fc2.com/)もございます。
    お仕事のご依頼は「リンク」内の「メール」よりお願い致します。
リンク
最近の記事
コミックス
せらツイッター
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.09
15
CM:4

11:29
Category : もえぎ話
野々原先生へv

大正解でーす!
切除理由もその通り!
アレは色塗った後、「アレレ~?ヘンだぞ??」と気付いたのですよ。(ラフの時は気付いてなかったです。)
切り取って剥がし、へこんだ部分にアクリル絵の具を詰め込んで、上からまた背景を描きました。
アナログイラストとしては、けっこうな大手術でしたので、印刷でバレないか心配してましたが、ここで言うまで多分どなたも気付いてらっしゃらないと思うので、手術としては成功?(笑)
本文モノクロイラストの導線も、そうです。
確かに!物語を作る時の過程とよく似てますよ。
だから私は最初に10枚全てのイラストの構図を、1枚の紙の上で作ってしまいます。
(小説でいうとプロットみたいなものですね。そこで全体の流れ、構図構成を考えます。)
一度本文イラストの制作過程もご紹介してみようかしら・・・。
でも興味ある方、そんなにいらっしゃらないですよね。(笑)

私ががんばれるのも、素敵な小説あってこそです。
キャラさんの魅力に引っ張られてがんばる部分がほとんどですので。
(こんなにステキなキャラさんなんだから、もっと綺麗に見えるように描いてあげなきゃ!!・・みたいな。)
画力が意欲と努力になかなか追いついてくれないのが泣けるところですが。(トホホ!)
それでもイラストを喜んで頂けて、本当に嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうございます



皆様へv

下の記事に書いた「切除手術の場所」。
正解は野々原先生が、ご自身のブログに書いてくださいました!
理由まで大正解なので、先生のブログで答え合わせしてみてくださいねv
(先生のサイトにはリンクページから飛べますよv)
2009.07
24
CM:2

13:23
Category : もえぎ話
こどものおいしゃさん
イラストさせて頂きました小説が発売されたようですね。

野々原綾瀬先生著、「こどものおいしゃさん」(もえぎ文庫)です。
もえぎさんでは今回が初仕事です。

私の場合、イラストの仕事というのは数年前からスケジュールが決まってる事が多く、決まった際にはまだ小説家さんがどの先生になるのかは分かりません。(小説家さんからご指名頂いて決まるお仕事の場合は別ですが。)
仕事時期近くなったら「今回は○○先生の小説で・・」と、編集様から伺う訳ですが、今回「野々原先生の・・」と伺って、けっこうびっくり致しました。
野々原先生とはルビー文庫でもご一緒させて頂いてましたから・・・これで三度目・・・?
私がイラストの仕事を減らしてる事もありまして、出版社さんが変わっても同じ小説家さんとご一緒できる機会って少ないのですが、野々原先生とは、よほど「ご縁」があるのですね!きゃっv(こんなヤツとの縁ですみません!笑)

野々原先生にはブログで「王様にKISS!」のCMまでして頂いたりして!ルビー以来何かとお世話になってますv
日頃の感謝の気持ちも込めまして、一生懸命描かせて頂きましたですよ。
まぁ、いつも通り反省点は多々あるのですが・・(苦っ!)。
とにかくがんばりましたので、よろしかったら見てやってくださいませ。

お話は、保育士さん×お医者さんですv
「ここが泣けたのよ~!」とか、お伝えしたい事は沢山あるのですが、ネタバレしてもいけませんので、私がどこまで書いていいのかわかりません・・・。
なので、詳細は野々原先生のサイトや、もえぎ文庫のサイトでご確認くださいね!
(各サイト様にはリンクページから行けますよ。)

あ、それから野々原先生が、この作品の同人誌「おとなのおいしゃさん」を作ってらっしゃいます。(文庫と一緒に写ってる薄紫の本です。)
「こどものおいしゃさん」の番外編ですv これ楽しいですよ!本編と一緒にぜひどうぞv
私が描いた「表紙ラフ」も提供させて頂きまして、中に掲載されてます。
打ち合わせのメモ書きなどもそのまんま!
ちょっと恥ずかちーですが(笑)、イラストレーターの仕事に興味のある方もご覧になってみてください。
この同人誌の購入方法なども、野々原先生のサイトで確認してくださいね。

しかし、「こども」が「おとな」になるだけで、同じ「おいしゃさん」でもイメージが絵呂く・・・。(笑)


野々原先生、お疲れ様でした~!
またどこかで「ご縁」がありましたら、よろしくですv