RSS
Admin
Archives

カフェ・ド・せらっさ

BL漫画、イラスト描き「せら」情報ブログ。

プロフィール

せら

  • Author:せら
  • ご訪問ありがとうございます。
    こちらはBLイラスト&マンガ描き「せら」のブログです。
    他に既刊情報ブログ(http://sera00.blog.fc2.com/)もございます。
    お仕事のご依頼は「リンク」内の「メール」よりお願い致します。
リンク
最近の記事
コミックス
せらツイッター
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.09
12
CM:0

22:23
松幸かほ先生著『恋する箱庭』のカラーカバー作画過程画像をアプしますね。

これまでは本家サイトのギャラリーページにまとめていた企画なのですが、あちらは更新が大変で、多忙だと手が回らなくて放置状態になってまう為、今後はブログで公開する事にしました。

ブログだと更新楽ですし、枚数もさほど重さ気にせず載せられますし、それにこちらの方が多分見て下さる方も多いかと。

カテゴリーは「カラーイラストができるまで」でまとめます。

この後、発売中の李丘那岐先生著『恋を教えて』、小塚佳哉先生著『誘惑はどこまでも甘く』の作画画像についても時間を見つけてブログでUPしますので、どうぞよろしく。



※全てデジカメ画像ですので、不鮮明であったり、歪んでいたりします。

※画像は出版社様の許可を得て公開しています。絵を描いているのは私ですが、キャラクターは小説家様のものであり、著作権は出版社様を含め三者が保有します。他所への無断転載はお止めください。




今回のカバー依頼内容は
「あまり手入れされてない草木伸び放題の和風庭をメインに」
「キャラはロングの構図でOK」
「小説の内容から生垣挟んだ二人でもv」
「とにかく庭です!生垣です!庭よろしく!」
みたいな感じだったかな(笑)。

さあ、困りましたよ。
和風庭なら「松」とか描くとそれっぽくなるのですが、深緑色の松は色的に地味。
受ちゃんがハデな振袖でも着ててくれればそれもいいのですが、キャラさん普通の服だし!
そもそも「緑」は書店で目立ち難いと言われ、カバーに使うには少々難しい色でございます。
なので松案却下。(笑)
明るめの色で描いてもおかしくない生垣を中心に、手前にテッセンなどあしらいつつ、伸び放題の初夏の庭に出来たらな~と。
和庭っぽさは蹲と灯篭を入れる事で何とか雰囲気伝わったらいいかな~と(汗;)



箱庭1
ラフをアルシュボードにトレースし、ペン入れ後、後で塗る部分を汚れない様マスキングします。
葉っぱだらけの絵になるので、とにかく下描き、ペン入れを慎重に、時間掛けて丁寧にやりました。
ここを適当に済ませると、彩色の際葉っぱで訳わからなくなる事を知ってるので!(笑)



箱庭2
人物にマスキング後、耐水性インクでざっとベースの緑色を塗り分けたところ。
耐水性インクを使うのは、上から塗り重ねる手法をとっているので、下の色が溶け出して上の色に混ざるのを防ぐ為です。
手前のテッセンも後で塗るのでマスキング。
普段は人物から塗り始めるのですが、この時確か攻さんの髪色(だったかな?)を確認し忘れていたのですよね;
ちょうど土日で編集部お休みでしたし、仕方がないので背景から塗る事にしたのですが、結果それが正しかったです。



箱庭3
ベース色の上から伸びのいい非耐水インクで塗り進めます。

ひたすた葉っぱを塗り塗り。
永遠に終らない気がして挫けそうになる・・・



箱庭4
マスキングを剥がして~、次は人物。
難関の葉っぱ塗りが終っているので気持ちは楽にv



箱庭5
完成です。

さわやか色のカバーになりました。
しかし、こういう明るい緑って、実は印刷には非常~~~に出難いのでした。あはは;
もし、これがクロスさんでなくて、カラー印刷に弱い出版社さんのお仕事だったら、「庭メインの表紙で~」と言われた時点で別案出してたかも。
クロスさんの本を印刷されてる印刷所さんは、とてもカラーがお上手なのです!
印刷所さんのゴッドハンドに期待!

で、上がって来たカバーは、やはり彩度が落ちて少し色がくすみましたが、「ここまで出たら凄い!」と思える再現率でした!
印刷所様、ありがとうございます!!
やっぱりゴッドハンドがいらっしゃいましたvv

あと、クロスさんはデザイナーさんもお上手なのです。
絵の雰囲気を壊す事なく、華やかに装丁してくださいますv

ちなみにこの絵、私と担当さんの間ではずっと「ぼくの夏休み」って呼ばれてました。何かそれっぽい(笑)。


「庭メインで」なんてご注文はなかなか無いですし、それに攻めキャラさんを「細身の女顔で」ってご要望でしたので、普段筋肉ガッシリ攻め描く機会の多い私には、とても新鮮で面白いお仕事となりました。
担当さん「ユリユリカップル」とも言ってたよね(笑)

反省点は多々ありますが;;限られた時間内で全力出し切ったです。
絵はお気に召さなくとも、松幸先生の小説は素敵ですので、多くの方にお手に取って頂けると嬉しいなぁvと願っています。



箱庭の恋人
松幸かほ先生著『恋する箱庭』発売中です。
あらすじやフェア情報等はクロスノベルスさんのサイトにてご覧くださいね。
http://www.kasakura.co.jp/cross/index.html

コミコミスタジオさんの動画CMはこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=rMB6EoPKVPg&feature=youtu.be


Comment

非公開コメント